スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXを行う際にポイントとなるのが、
「円高」と「円安」を理解することです。
円高と円安について理解できていますか?

「円高」と「円安」とはどういうことなのでしょうか?
簡単に言うと、外国通貨に対して、
円の価値が高いか、安いかを表すのが「円高」「円安」です。


*1ドル=100円から1ドル=80円になった場合
為替レートが1ドル=100円の場合、1ドルの商品を買うのに100円支払います。
相場の変動で為替レートが1ドル=80円になった場合、1ドルの商品を買うのにて80円支払います。

1ドル=100円 よりも 1ドル=80円 の方が、
ドルに対して円が強くなったため、1ドルの商品を買うのに80円でオッケーということになります。
相場の変動で、同じ商品に対してより少ない円の支払いで済んだということです。

これは円の価値が上がり、
ドルの価値が下がったことを意味しており、
これを「円高(ドル安)」と言います。

*1ドル=100円から1ドル=120円になった場合
為替レートが1ドル=100円の時よりも、1ドル=120円の方がドルに対して円が弱くなったため、
1ドルの商品を買うためには120円支払う必要があります。

為替相場の変動により、
同じ商品にも関わらず、
より多くの円を支払う必要がありました。

これは円の価値が下がり、
ドルの価値が上がったことを意味しており、
これを「円安(ドル高)」と言います。

テーマ : 暴落に打ち勝つ投資法 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。