スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXと円高円安

FXでは、
日本円をドルに交換することを「ドル買い」「円売り」と言い、
米ドルを日本円に交換することを「円買い」「ドル売り」と言います。


FXでは、
交換するときのレートつまり交換比率は、
その時の世界経済によって一定ではありません。


FXで扱う通貨の交換比率は、
それぞれの国における経済状況や政治状況、
金利や貿易収支、世界情勢など様々な要因によって常に変動しています。


為替レートは、
あくまでも2国間の通貨交換比率を指します。
FXで扱う通貨全てにあてはまるものではありません。


つまり


「円高・ドル安」という場合では、
ドルに比べて円が強い(価値が高い)ということになりますが、
円が全ての国の通貨に対して強いと言うことではありません。


円の価値が上がった、下がった、
あるいは、ドルの価値が下がった、上がったなど、
外国為替は通貨交換をする時点での2国間のレートで判断されます。


円高とか円安というと、
なんだか相対的に円の価値が高かったり、安かったりするようなイメージになりますよね。
あくまで相対的な価値ということだけ覚えておいてください。


広告(残り5名)


A-1 ユーロ円売買履歴配信(初月無料)










A ONE TRADEが独自に開発した売買シグナルに基づき、実際に行う売買の履歴をリアルタイムでメール配信するFX情報通信サービスです。



テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。